應和監査法人 OHWA RECRUITMENT

MESSAGE メッセージ

会計監査を通じて、
企業の健全な成長をサポートする

「公認会計士は、監査及び会計の専門家として、独立した立場において、財務書類その他の財務に関する情報の信頼性を確保することにより、会社等の公正な事業活動、投資者及び債権者の保護等を図り、もって国民経済の健全な発展に寄与する(公認会計士法1条)」。
應和監査法人ではこの公認会計士の使命を法人理念とし、業務を通じ、企業の健全な成長をサポートしたいと考えています。そのため、形式的なマニュアルで企業の会計帳簿をチェックし、ただ批判的に監査をするのではなく、『マクロに物事の事実関係を適切に把握すること』そして『「指導的機能」と「批判的機能」の2つを両輪として監査を実施すること』を大切にしています。

事実関係を適切に把握し、指導性と批判性を発揮するためには、どんな能力が大切でしょうか? 確かに、公認会計士という資格や会計・監査の知識も大切かもしれません。しかし、私たちはそういった形式的なものではなく「コミュニケーション能力」をもっとも大切にしています。
例えば、監査基準等で求められている「経営者ディスカッション」。このディスカッションでは、経営者と対等に会話し事実関係を把握する能力が必要になりますし、会話の中で不正や誤謬の兆候を感じる場面もあります。時には社長に厳しく「No」を伝える事も必要で、こういった対応が企業不正へのけん制にもなると思います。また、法人内でも個人ではなくチームで仕事をするためチームプレーという意味でもコミュニケーションをとても大切にしています。

このような理念や考え方のもと應和監査法人は多種多様なバックグラウンドを有した仲間とともにこの数年間大きく成長しています。「業務を通じて、クライアントの成長をサポートしたい」「そして、業務を通じて、資格にとらわれることなく、自分をスキルアップさせたい」という想いが品質を維持しつつ、良い形で成長できていると感じています。
そうはいってもまだまだ成長過程皆様にも是非仲間になってもらい、一緒に成長していくことが出来ればと思っています。

総括代表社員

澤田 昌輝Sawada Masateru