應和監査法人 OHWA RECRUITMENT

MESSAGE メッセージ

監査という仕事の魅力は
「考えること」にあります

私はこれまで、大手監査法人の仙台事務所や東京の税理士事務所に勤務した後、應和監査法人に入りました。面接を受けたとき、代表から監査という仕事への真摯な思い、熱意をうかがい、ここなら質の高い実務経験ができると感じたこと、またIPOの実績があったことが入所の大きな理由です。監査だけを手がける監査法人が多い中、当監査法人はIPOにも積極的なので、ゼネラリスト志向の私にとっては幅広い業務を経験できることも魅力でした。入所してからは監査調書の作成などを通じ、監査の体系が、実務にどのように反映されるのかを目の当たりにし、深く理解することができるのはありがたいですね。

私はこの仕事の魅力は「考えること」だと思っています。監査のためにはクライアントのビジネスを理解するために考える必要があります。監査は基準に照らして行いますが、基準のない部分も「妥当性」を考えて判断しなくてはなりません。IPOなら、クライアントの悩みを聞いて、どう進めていくか、この上場企業は証券会社や市場から求める基準を満たすか、問題点はどこにあるか、と考えます。ここにはそうした考える機会がたくさんありますし、さまざまな経験をしたい人にとってすばらしい環境だと思います。

試験合格者(JA)

千葉 雅仁Chiba Masahito